Grasshopper

algorithmic modeling for Rhino

DIGITAL TOOLING vol.1

Event Details

DIGITAL TOOLING vol.1

Time: August 30, 2014 from 3pm to 9pm
Location: Kyoto,Japan
City/Town: Kyoto
Website or Map: http://www.tukuru.me/
Event Type: grasshopper, session, presentation
Organized By: Michihisa Omae
Latest Activity: Aug 23, 2014

Export to Outlook or iCal (.ics)

Event Description

モノづくりに関わる道具・工具が近年大きく変化してきている。
従来の道具が現在どのように変化しているのか、
変化した事によって何ができるようになったのかを知るイベント。

■ 第1部 15:00~17:00 (マルニアトリエカフェ営業時間内)

sacsacがアナログからデジタルへ置き換わった道具達を紹介。
具体例として、これまでデジタルとは遠い関係にあった料理での展開、「デジタルクッキング」へと話を進める。
後半で行われるコン ピュテーショナル・デザインの技術を使った料理の展開を紹介し、試食も行います。

■第2部18:00~21:00(ワンドリンク制 ¥500)
RGSS KANSAI(仮)
昨今、デザインの最先端で見られるようになったコンピューテーショナルデザイン。
すでにスタジアムや大型建築、プロダクトデザインなどの分野で認知されてます。デザイナやデザイナを目指す人達には今後必須の技術と言えるのではないでしょうか。

RhinocerosとGrasshopperをつかえば、今までプログラムの知識が必要だったアルゴリズミックな3Dデザインもスクリプティングを要さず生み出すことができます。

首都圏では数年前からRGSS(コンピューテーショナルデザインのコミュニティ)が存在し日本におけるコンピューテーショナルデザインの裾野を拡げています。

コンピューテーショナルデザインに関する技術や知識の交流が発生し、関西におけるデザイン技術の底上げを期待しています。

当日は2~3名のプレゼンテーションを予定。まずはキックオフ的にはじめてみて、続けていくことで形作っていければと思います。

 大前 道久 OPH(おっさんパワーハウス)主催
 15年間ジュエリーメーカーで勤務し、
 制作からデザインまで様々な部署を経験してきました。
 Grasshopperの恩恵を受け、新しい表現や効率的な
 モデリングを実践しています。
 私なりの、コンピューテーショナルなジュエリー制作を

 見ていただきたいと思います。

FBイベントページ:https://www.facebook.com/events/709226442478364/

Comment Wall

Comment

RSVP for DIGITAL TOOLING vol.1 to add comments!

Join Grasshopper

Comment by Michihisa Omae on August 23, 2014 at 9:19pm

Attending (1)

About

Translate

Search

Photos

  • Add Photos
  • View All

© 2020   Created by Scott Davidson.   Powered by

Badges  |  Report an Issue  |  Terms of Service