Grasshopper

algorithmic modeling for Rhino

こんばんは。

先日のopen fab nightの最後に相談されていた方の形状をkangarooで試してみました。

(すみません。お名前とか聞いてないのでわからないのですが)

kangarooとvolonoiを使用して湯飲みのような形状の周辺を膨らませるやり方を試しています。

持ってこられていたサンプルと同じ形の追求はやっていないのですが、やり方のひとつとして検討にいれてもらえれば幸いです。

表示: 809

添付ファイル

このディスカッションに返信

https://youtu.be/WFkYtowF5Ag

動画上げときます

すばらしいです。

この方法以前試したことがあるのですが、エッジの部分にしわが寄ってしまいますよね。

この皺がネックになってうまく使えてないんですが、何とかなったりしたりするもんでしょうか?

しわがなくなると僕のやっていることにも応用できそうなのですが・・・

犬塚さんへ

そうですね。形状的に出ちゃうものなんでしょうか。

膨らませの数値を抑えるか、もしくは多少計算は重くなりますが元もとのメッシュの分割数を増やす等して軽減する方法などがあるかな~、と思います。

劇的に変わるわけではありませんが。

RSS

About

Translate

Search

Photos

  • Add Photos
  • View All

Videos

  • Add Videos
  • View All

© 2024   Created by Scott Davidson.   Powered by

Badges  |  Report an Issue  |  Terms of Service